電気代の節約になります

近年、自宅やオフィスに壁面緑化をする人が増えています。そもそも壁面緑化とは、建物の壁を葉や蔦などの緑で覆うことです。主にツルや朝顔、ヘチマなどの植物を用いることが多いです。その最大のメリットは、電気代を節約できることです。というのも、建物が植物に覆われていることで、夏は涼しく、冬は暖かい状態に部屋をキープすることができるからです。壁面緑化をしているのとしていないのとでは、実際、クーラーや暖房代に大きな違いが生まれています。

建物を保護することができます

壁面緑化とは外壁に面した部分にネットを設置して、そこに植物をはわして覆っていくことです。つまり、建物全体を緑で覆うことから住宅を防御する作用もあります。特に直射日光が照射されると、建物は紫外線の影響で徐々に劣化していってしまいます。また、台風による強風や雨などによっても建物の品質は落ちていくのです。その点、壁面緑化を施しておくことで紫外線や風雨から住宅を守ることができるので、建物の耐久性が高くなります。

マイナスイオンの効果を得られる

壁面に朝顔やゴーヤ、パッションフルーツなどの緑が豊富にあることで、空気中の様々な有害物質を取り除いてくれます。また、脱臭能力も備わっているので、空気を清浄化してくれるのもおすすめポイントです。さらに、植物があることでマイナスイオンを大量に発生させ、体を活性化させてくれる作用もあります。心理的に落ち着きを与えて、仕事や人間関係によるストレスを和らげてくれることも魅力です。

壁面緑化に用いられることが多い植物の一つにセイヨウキヅタがあります。原産地はヨーロッパで、耐寒性が高いです。