電子タバコとは?~煙草との違い~

少しずつ使用する人が増えている「電子タバコ」ですが、周囲の人や自分の健康などを考えた煙草の代用品として使用されることが多いようです。さまざまな種類が開発販売されている状況ですので、正確に理解している人は少ないことでしょう。全体が分かるようにポイントを絞って説明をします。前提として、一般的に「電子タバコ」と呼んでいる商品は、電子タバコと加熱式タバコに分けることができます。

電子タバコはリキッドに熱を加えて使うカートリッジ式とリキッド式、使い捨て式の3種類ある商品のことをいっています。なお、一般的にはVAPE(ベイプ)と呼んでいます。加熱式タバコは煙草の葉を加熱して、タール成分を相当の割合でカットしたニコチンが吸える商品です。ニコチンが非常に少ないながらも入っているので、喫煙者には人気があります。

リキッドの種類と特徴により普及する電子タバコ!

電子タバコは、リキッドといっている主な成分が(PG)プロピレングリコール(VG)とグリセリン、香料などさまざまに調合をすることで種類が豊富なフレーバーができるのです。普通のタバコフレーバーからスッキリするメンソール系まであり、メンソール系もミントやハイパーメンソール、フルーツ系など非常に多くの種類があります。

また、ニコチンが入っているリキッドもあります。ニコチン入りリキッドは、日本では製造と販売禁止ですが所持することは認められています。そのため、海外から個人で輸入をして使うことになります。愛煙者の多くはニコチン入りのリキッドではないと継続して使用することは難しいのです。加熱式タバコでも、電子タバコでも「ニコチン入り」商品が人気を集めている事実が、電子タバコ普及の大きな鍵といえるでしょう。

ニコチンリキッドの成分にはニコチン・プロピレングリコール・グリセリン・フレーバー・精製水が使用されており、タバコに使用されるタールは含んでいません。