機械式時計の手入れに拭く作業は必須

機械式時計の手入れを行うときに必須なのが、拭く作業です。機械式時計を拭くときには、柔らかい生地の布を使用するのが効果的だと言えます。例えばセーム革のような繊維が細かいタイプの布を使用することで、機械式時計に付着した汚れを綺麗に拭うことができます。この拭く作業は毎日行うことが重要です。腕時計を一日中着用しているだけでも汗や皮脂が付着してしまいます。毎日の拭き作業を怠ってしまうと、汚れが落ちにくくなり、手入れが大変になります。そのような事態を回避するためにも、毎日セーム革で汚れを拭き取っておくのがおすすめです。

風防や金属製のベルトの隙間はセーム革では拭き取りにくいという問題があります。そのような場合は歯ブラシや爪楊枝を使って、汚れを取り除くのが良いでしょう。このときに重要なポイントが傷をつけないことです。力を入れすぎると、風防やベルトに傷をつけてしまう可能性があるため、慎重な作業が求められます。傷をつけるのが怖い人は、柔らかいタイプの歯ブラシを使用するのが良いでしょう。

皮製のベルトは手入れが特殊

皮製のベルトはカビが発生する場合や表面が乾燥してしまう場合があります。表面が乾燥してきたら、手入れ用のクリームを塗って保湿してあげるのが良いと言えます。クリームを塗り終えたら、カビの発生しにくい環境で保管するのもおすすめです。皮製のベルトは連日の使用によっても状態が悪化する可能性が考えられるため、休ませる日を設けるのも良いでしょう。

パテックフィリップは世界で愛されている高級時計の一つで、高貴なデザイン性が特徴です。資産価値もとても高い時計であると言えるでしょう。