カタログギフトのメリット

カタログギフトは、贈る側にとっても贈られる側にとってもたくさんのメリットがあります。まず、贈る側にとってのメリットとしては、贈り物選びに悩む必要がなくなったり、予算に合わせて選びやすかったりすることがあげられます。また、インターネットで申し込めるので、わざわざお店に行って決める必要もありません。贈られる側にとってのメリットは、たくさんの商品の中から好きなものを選べること、引き出物として貰っても嵩張らず持ち運びが便利なことなどがあげられます。カタログギフトは日用品からグルメ、電化製品などバラエティに富んだ商品がたくさんあるので、一人暮らしの人やファミリーなど、家族構成に関係なく贈れるのもメリットです。

カタログギフトのデメリット

カタログギフトは便利ではありますが、いくつかのデメリットもあります。まず、カタログギフトを贈る側のデメリットとしては、カタログギフトを快く思わない人がいることがあげられます。特に高齢の人は、カタログを贈るなんて心がこもっていないと考え、商品を贈られることを好む傾向があります。そのため、人によってはカタログギフトではなく商品を贈るのが無難です。贈られる側にとってのデメリットは、後で選ぼうと思っているうちに忘れてしまい、申込期限が過ぎてしまうことです。申込期限が過ぎると商品はもらえないので、贈った側にとっても贈られた側にとっても残念な結果となります。また、カタログギフトの種類によっては、欲しい商品がのっていないこともあります。

様々なお返しなどで、カタログギフトを選ぶ人が増えています。相手の好みを把握するのは限界がある中、それぞれが欲しいと思うものを自主的に選べるため、贈った方も贈られた方もより満足度が上がる傾向があります。